haruka

Haruka

Future Terror

近年、Harukaは日本の次世代におけるテクノDJの中心的存在として活動を続けている。26歳で東京へ活動の拠点を移して以来、DJ Nobu主催のパーティ、かの「Future Terror」のレジデントDJおよび共同オーガナイザーとして、DJスキルに磨きをかけてきた。彼はUnitやContact Tokyo、Dommuneなど東京のメジャーなクラブをはじめ、日本中でプレイを続けている。また、フジロックやRuralなどのフェスでのプレイも経験。Harukaは、緻密に構成されたオープニングセットからピークタイムのパワフルで躍動感のあるテクノセット、またアフターアワーズや、よりエクスペリメンタルなセットへの探求を続ける多才さで、幅広いパーティで活躍するDJだ。このような彼特有の持ち味は、Juno Plusへ提供したDJミックスやClubberiaのポッドキャストシリーズにも表れている。コンスタントなDJ活動に加え、DJ Yaziとのユニット「Twinpeaks」では、即興的なライブアクトを実践している。2016年のFuture Terrorニューイヤーパーティで披露した長時間のクロージングセットは、彼の音楽的な方向性を象徴するとりわけ重要なセットであり、現在のプレイにも繋がるものである。

In recent years Haruka has established himself at the forefront of Japan’s next generation of techno DJs. Since moving to Tokyo at the age of 26, he has honed his skills as a DJ through becoming a resident DJ and co-organizer of DJ Nobu’s infamous Future Terror parties. He has played throughout Japan, including appearances at most of the major clubs in Tokyo – such as Unit, Contact, Dommune – as well as at the Fuji Rock and Rural festivals. Haruka has distinguished himself through his versatility as a DJ, with the ability to play carefully crafted opening sets, driving and powerful techno in peaktime slots, as well as afterhours sessions or more experimental explorations. These skills have also been displayed on mixes for the Juno Plus and Clubberia podcast series. In addition to his DJing, Haruka is half of Twin Peaks, an improvisational live act he does with DJ Yazi. Haruka commenced 2016 by playing an extended closing set at Future Terror’s New Year’s Eve party, an important moment in defining his musical trajectory for the year to come.

News of Haruka