NUANCE0127_front

”NUANCE with KONTRA MUSIK X” @ UNIT/UNICE 開催決定

2016/12/29

Title: NUANCE with KONTRA MUSIK X
  

Date: 2017.1.27.Friday
  

Open: 23:30  

Fee: Adv 2,500YEN  |  W/F 3,000YEN  |  DOOR 3,500YEN  

Line Up:  

[UNIT]

Ulf Eriksson ( Kontra Musik )

TM404 (Kontra Musik)  [Live]

DJ NOBU (Bitta, Future Terror) 

YAZI (BLACK SMOKER)


[UNICE]  “Sound Garden” supported by Pioneer DJ

Will Long presents Long Trax (Comatonse Recordings)

Chris SSG

David Dicembre

Jelomu


Ticket(RA)

—–
 
2016年初春にスウェーデンのテクノデュオSHXCXCHCXSHを招いたパーティー “Nuance” の第2弾が10ヶ月振りに代官山UNITで開催される。今回のゲストは、設立10周年を迎えたスウェーデンの挑戦的なレーベル”Kontra Musikから、レーベルボスのUlf Eriksson(ウルフ・エリクソン)と、2016年3月にアルバム “Acidub” をリリースしたばかりのTM404の2組。対するは、2016年秋に念願のThe Labyrinthへの出場を果たし、2017年にはロンドンのクラブ[OVAL SPACE]でのレジデントも決まったDJ NOBUと、前回 “Nuance” ではフリーフォームなDJスタイルでクラウドを魅了し、またFabricのレーベル“Houndstooth” のA&RであるRob Boothが主催するElectronic Explorations Podcast Japan Specialへの参加で支持層を拡大したDJ YAZIの2人が競演。一晩通して隙のないラインナップでフロアをメイクする。また同日のB1F Unceも、昨年同様MNML SSGSによるチルアウトパーティー “Sound Garden” がフロアをプロデュース。


<Ulf Eriksson (Kontra Musik)>

スウェーデン最南端の都市マルメーのレーベル “Kontra-Musik” (コントラ・ミュージック/スウェーデン語で “カウンター(反逆)ミュージック” の意味)は、その厳選されたリリース作品群と、そこに通低する無二の美学により、シーンに多大な影響力を持つエレクトロニックミュージック・レーベルである。その主宰者であるUlf Erikssonは、現在に至るまでの長いキャリアの中で、一貫してヴァイナルDJとして活動している。DJを音楽に没入する為のアートフォームとして捉えているというUlf ErikssonのDJスタイルは、シーンの重鎮Gerd Jansonから「最良のハウスミュージックとアンビエントのテクスチャーの間に立脚する、エレガントなテクノサウンド」と評されている。また彼は「本当の意味でのDJとなるためには時間と経験と音楽性が重要であり、またそれ以上に、音楽そのものに対する深い知識が必要だ」という持論を持っており、レーベ ル・ディレクションに垣間見せる、高潔で揺るぎない活動姿勢と相まって、北欧を中心にシーンでの絶大な信頼を獲得している。


Ulf Eriksson runs Kontra-Musik, a label based in Malmö, Sweden’s southernmost city. Kontra’s carefully curated catalogue and divergent aesthetic is having an increasingly significant influence on electronic music internationally. Kontra-Musik is a label that fully embraces today’s radically open aesthetic. Its artists include among others: TM404, Frak, Mokira, Jonsson & Alter, Jason Fine, Sebastian Mullaert and Rivet with remixes from Morphosis, Ben Klock, Marcel Dettmann and Heinrich Mueller to name a few. A labor of love, the label has flourished and boosted the profile of all the artists involved including Eriksson himself. Eriksson is nowadays a very visible DJ outside Sweden, holding many live dates. Being a vinyl dj for almost 20 years, his sets is the result of someone who still consider dj:ing a true art form and a tool to go deep into music over time.

 ”To really become a dj takes time, practice, musicality and last but not least, a great knowledge of music.” — Ulf Eriksson
His dj-sets are a reflection of the label output, blending styles with ease, mixing with personality, perfection and an open mind.

http://www.kontra-musik.com/portfolio/ulf-eriksson/
https://soundcloud.com/kontramusik
https://jp.residentadvisor.net/features/1469

 
<TM404 (Kontra Musik)>

Andreas Tilliander、Mokiraといった名前で知られるこのアーティストは、過去15年以上にわたり、TypeやRaster-Notonといったエクスペリメンタルなレーベルから何枚ものアルバムをリリースしてきた。Kontra-Musikからは2013年と2016年に2枚のアルバムをリリースしており、 TM404名義ではテクノ/ハウスの発展にとても重要な役割をになったRoland社の伝説の名機、303、707や808といった機材にフォーカスした活動を行っている。どちらかというとMusic BoxよりもSteve Reich寄りと評されたファーストアルバム『S/T』から2年、よりフィジカルかつサイケデリックなサウンドに変貌したセカンドアルバム 『Acidub』を2016年春にリリース。同アルバムではその名の通り、アシッディーかつダビーに溶解した特異なアナログサウンドを展開しており、全ての曲はハードウェアによってワンテイクでレコーディングされ、ポストアレンジが施されていないという。そのライブ感溢れる鮮烈なサウンドは、世界中のエレクトロニックミュージックフリークを魅了している。


The TM404 live show can now be booked through Kontra-Musik. The new project from Andreas Tilliander just released his debut album for the label. Andreas now starts to tour as TM404 bringing a big gear bag containing 3x303s, 606 , 808 & effects. Available as part of Kontra-Musik showcases.
TM404 – a unique live project from Andreas Tilliander

With a new alias, TM404, Andreas Tilliander has created enjoyable ambient dub simmering with life and details. The songs have all been recorded live, in real time in the studio. A unique way of operating within today’s electronic music.

“Everything is recorded in one take. Nothing is post arranged.”  — Andreas Tilliander aka TM404

http://www.kontra-musik.com/portfolio/tm404/

<TM404 最新アルバム “Acidub” 試聴リンク>
https://www.youtube.com/watch?v=vDyMBu3Ytjg
https://www.youtube.com/watch?v=suhTw8R0Hic
https://www.youtube.com/watch?v=7qODgz801YA
https://www.youtube.com/watch?v=FzOjEynC0t4
 

<DJ NOBU (Future Terror / Bitta)>

Future Terror、 Bitta主宰/DJ。Nobuの活動のスタンスをひとことで示すなら、”アンダーグラウンド”――その一貫性は今や誰もが認めるところである。とはいえそれは決して1つのDJスタイルへの固執を意味しない。非凡にして千変万化、ブッキングされるギグのカラーやコンセプトによって自在にアプローチを変え、 自身のアンダーグラウンドなリアリティをキープしつつも常に変化を 続けるのがNobuのDJの 特長であり、その片鱗は、 [Dream Into Dream] (tearbridge), [ON] (Musicmine), [No Way Back] (Lastrum), [Creep Into The Shadows] (Underground Gallery), そして最新作 [Nuit Noire] (Ultra-Vybe) など、これまでリリースしたミックスCDからも窺い知る事が出来る。近年は抽象性の高いテクノ系の楽曲を中心に、オーセンティックなフロアー・トラック、複雑なテクスチャーを持つ最新アヴァン・エレクトロニック・ミュージック、はたまた年代不詳のテクノ/ハウス・トラックからオブスキュアな近代電子音楽など、さまざまな特性を持つクセの強い楽曲群を垣根無くプレイ。それらを、抜群の構成力で同一線上に結びつける。そのDJプレイによってフロアに投影される世界観は、これまで競演してきた海外アーティストも含め様々なDJやアーティストらから数多くの称賛や共感の意を寄せられている。最近ではテクノの聖地 “Berghain” を中心に定期的にヨーロッパ・ツアーを行っており、とりわけ2015年夏にアムステルダム郊外で行われた “Dekmantel Festival” での出演の様子はBOILER ROOMでインターネット中継され、さらなる世界進出への足がかりとなった。2016年は全6回の欧州ツアーと北米ツアー、アジアでの数回のギグを行ないつつ、今も変わらずアンダーグラウンドな視点でシーンのネクストを模索し続けている。

NOBU’s stance as a DJ can be best described as underground — his persistence is undisputed. However, that should not be confused with stylistic inflexibility. Rather, his approach is singular and ever-changing, constantly modified and adjusted to the quality and the concept of each gig he plays. He keeps it all underground, yet he manages to mutate it. It is this ability that makes him stand out, as can be heard on his official mixes such as [Dream Into Dream] (tearbridge), [ON] (Musicmine), [No Way Back] (Lastrum), [Creep Into The Shadows] (Underground Gallery) and [Nuit Noire] (Octave-Lab). In recent years, he has been programming his set around highly abstract techno with authentic floor anthems, textured avant-electronic music as well as unknown house tracks, along with even more obscure contemporary electronic pieces. He excels in threading challenging tracks from his wide repertoires into a compelling story. What he could present on the dance floor with his DJ set has gained much love and applause, even among many international acts he shared the stage with. Lately, he has been touring regularly to Europe including several appearances at the techno institution Berghain, collaborating with Smoke Machine crew from Taiwan, building his network worldwide to explore his new frontiers.

https://www.facebook.com/pages/DJ-NOBU-OFFICIAL/236488399758952

http://futureterror.net
http://www.residentadvisor.net/dj/djnobu



<YAZI (BLACK SMOKER / TWINPEAKS)>

高純度のディープ・トリップ・ミュージックを垂れ流し続ける脅威の黒煙集団・THINKTANKのオリジナルメンバー/DJであり、 BLACKSMOKERRECORDS主催”EL NINO”のレジデントDJ。94年から活動をスタート。ヒップホップのメンタリティー、テクノの恍惚感、ハウスの多幸感と、ダブやジャズの凶暴性などなどをうっかり掛け合わせながらも、しっかり自在に操るオールラウンダーDJであり、そのプレイ時におけるグルーヴィーなミックス、的確な二枚使いやハメ技のスクラッチまで、そのダイナミックかつブレの無い一貫したスタイルと徹底した安定感、そしてフロアを独自のカラーに染め上げるその手腕に同業者からも熱い厚い信頼を受ける男である。これまでにBLACK SMOKERからのリリースを中心に、自身のユニットAK-47名義で3作品、YAZI単独名義では”Inspiration Information” “Throwing Down A Shape”といったミックス作品や、Jammysによる80s‘ダンスホール・リディムをセレクトしたCDなどを発表。2009年にOIL WORKSより発表された最新作”STONE FREEE”で、艶やかな漆黒の輝きを放つ鮮やかなミックスを聴かせた事も記憶に新しい。前述のEL NINO@bedを筆頭に、BLACK GRASS@grass roots、IMPRESSION@heavy sick zeroといったレギュラーパーティーを軸にしながら貫いている徹底した現場重視のスタンスは更なる繋がりを産みmodule/saloon/warp/schelter/oppala…といった関東近辺の名スポットから日本各地にまでその活動の幅を広げており、様々な深夜を人一倍の薄明かりの中で美しく彩り、そして確実に揺らしている。

BLACKSMOKERRECORDS presents “EL NINO” Resident DJ/One half of TWIN PEAKS/Best known as  original member of Japanese legendary Hip-Hop outfit THINK TANK  

http://blacksmoker.net/
https://twitter.com/dj_yazi


<CHRIS SSG (MNML SSGS)>

Chris SSGはMNML SSGSの創設メンバーの1人で、ブログが完結してからも東京でMNML SSGSとしてパーティーオーガナイズをしている他、Sound Gardenというチルアウトパーティーのレジデントを務めています。アンビエント、ダウンビート、エクスペリメンタル、シンセミュージックなどのサウンドを軸に、斬新でパワフルな音楽をプッシュしながらMNML SSGSの美意識を貫いている。

Chris SSG is best known as the co-founder of the now defunct MNML SSGS blog, recognized as a leading source of critical insight on electronic music. In recent years, he has moved from the online world into the Tokyo techno scene. He is the organizer of a series of MNML SSGS events, and is a resident at the semi-regular Sound Garden chill out parties. As a DJ, Chris SSG eschews standard dancefloor music, instead focusing on a range of sounds from ambient, experimental, kosmische through to more abstract forms of techno. He has DJ’d at many major Tokyo clubs, including Unit, Air, Dommune, Galaxy, and SuperDeluxe, as well as at the FREEDOMMUNE and Rural festivals. His podcast for the New York based ‘Mysteries of the Deep’ series was included in Clubbing Spain’s top 10 mixes of 2014, and his podcast for Rob Booth’s ‘Electronic Exploration’ series was included in That Special Record’s ‘best of 2015’. Chris SSG commenced 2016 by playing in the Elektroakustischer Salon as part of Berghain’s Silvester party.