FT_2017_2018_front_930

FUTURE TERROR 2017 – 2018 at UNIT / UNICE / SALOON 出演者第1弾発表

2017/11/28

12月31日の大晦日から翌日1月1日にかけて開催される【FUTURE TERROR 2017 -2018】at UNIT / UNICE / SALOONの出演者第1弾を発表します。 

ヘッドライナーは、初来日となる最後のデトロイトレジェンドであり究極のテクノマスター、”THE BOSS”  TERRENCE DIXON。続いてはもはや世界中のプロモーターからトップ・パフォーマンスを期待されるDJへと進化をとげたDJ NOBUを筆頭に、HARUKA、KURUSUのFuture Terrorのメンバー。ベルリンからテクノシーン最高峰のクラブ “ベルクハイン” で色気と大胆さを武器にセミレジデントを務めるなど、近年急速に頭角を現してきた気鋭のDJ、BLIND OBSERVATORY。現在最も世界で注目される日本人テクノ・プロデューサー、WATA IGARASHI、昨年末FTでのカウントダウンを素晴らしいセットで飾ったGONNO、今回UNITフロアに再登場のIORI、今年はDJとしても飛躍の年となったmnml ssgsのCHRIS SSG、MOTORPOOLレジデントで安定感抜群のベテランDJ、DSKE、日本のハウス界に染まらず独自の活動をしつつ現在、最も聴くべきハウスを披露するYOSHINORI HAYASHIらの出演が決定しました。

今回も昨年同様、UNIT / UNICE / SALOONの3フロアをフルに使っての開催となります。また今回B1F UNICEのスペースを今年8月に自身のパーティーを大成功に導いた “Wiggle Room” のBLAKEがサポートします。現在、早割チケットは完売し、一般前売チケットをResident Advisor にて販売中、また clubberia サイト上でも販売予定です。

次回発表は12月初旬の予定です。どうぞご期待下さい。

 

FUTURE TERROR 2017-2018

2017.12.31 – 2018.01.01

TERRENCE DIXON (Tresor | Metroplex | Minimal Detroit) [Live]

DJ NOBU (Future Terror | Bitta) 

BLIND OBSERVATORY (Gravitational | Berlin)

GONNO (WC | International Feel | Endless Flight)

WATA IGARASHI (Midgar)

IORI (Bitta | Semantica)

HARUKA (Future Terror)

CHRIS SSG (mnml ssgs)

DSKE (MOTORPOOL)

YOSHINORI HAYASHI

KURUSU (Future Terror)

and many more 

 

open/start 22:00

early bird: 2,500yen / adv: 3,000yen / with flyer: 3,500yen / door: 4,000yen

ar UNIT / Unice / Saloon DAIKANYAMA

ZA HOUSE BLD. 1-34-17 Ebisu-nishi Shibuya-ku, Tokyo

http://www.unit-tokyo.com

http://www.futureterror.net

 

You must over 20 with photo ID.

 

 

—–

<TERRENCE DIXON BIOGRAPHY> (テレンス・ディクソン・バイオグラフィー)

Terrence Dixon(テレンス・ディクソン / a.k.a. Popuration One)は活動歴20年以上に及ぶミシガン州デトロイトのテクノプロデューサー。彼の作り出すサウンドは、不穏でありながら催眠的かつトライバリスティック、真摯で記名性の高いミニマルなサウンドデザインで広く知られている。20年以上におよぶキャリアの中で、TresorやMetroplexといった名だたるレーベルから数多くの傑出した作品をリリースし続けているにも関わらず、2017年夏にAaron CoultateによるロングインタビューがResident Advisorに掲載されるまで、彼の存在は長らく謎に包まれてきた。

テレンスのキャリアは90年代初期位スタートし、1994年にデビューシングルをリリース後、Claude YoungのレーベルUtensilからいくつかの作品を発表。90年代後半に入るとJuan AtkinsのMetroplexからPopulation One名義で作品をリリース、1998年にリリースされたJuan AtkinsによるInfiniti名義でのアルバム “Skynet” の制作に携わる。2000年、Tresorよりデビューアルバム “From The Far Future” をリリース。 Dixonは本作にについて「先人たちへのリスペクトを基軸に、かつてのテクノの古い要素を少しずつ取り除き、再び新しいものへと生まれ変わらせたんだ」と語っている。 その後も表舞台に姿を現さないまま散発的にリリースを続け、2012年に”From The Far Future” の続編となる2ndアルバム “From The Far Future Pt. 2” をTresorより突如リリース。 その時代性を超越したプロダクションは多方面で絶賛され、2014年にFact Magazineが発表した “Best Albums of the Decade So Far” (2010年代の現時点でのベストアルバム)のトップ10の中に本作が選ばれている。2017年夏にはOut-erよりこれまでのリニアな作風から一線を画した、アーリー・エレクトロニック・ミュージック的な音響テクスチャーが横溢するエクスペリメンタル色豊かな最新アルバム “12,000 Miles Of Twilight” をリリースしている。

彼の言葉によると、彼の作るテクノ・ミュージックは “Forward thinking ghetto electronics”(フォワード・シンキング・ゲットー・エレクトロニクス)だという。


Terrence Dixonは近年、イベント、ツアー、アーティストエージェンシー、レコードレーベル、アパレルブランドなど地域社会を組み込んだプラットフォームとなるべく [Minimal Detroit] をローンチした。ここでは彼はデトロイトの街を再活性化するためのキャンペーンと世界的な輸出の使命を組み合わせた明確かつ前向きなビジョンを持っている、とのこと。 

2017年5月に行われたデトロイトのエレクトロニックミュージックフェス [Movement Festival 2017] では “Population One” 名義でキーボードとドラムを加えた3人編成でのライブで出演、このライブはResident Advisorでの “Five Key Performance” に選ばれるなど話題を呼んだ。

2018年以降はあらたにアンビエントミュージックのプロジェクトやThomas Fehlmannとの新プロジェクトなどが予定されている。

 

Terrence Dixon who describes techno as “Forward thinking ghetto electronics” is widely recognised for his incongruous, minimal sound design, authenticity and dedication. He is also the founder of minimal detroit.

Terrence Dixon, started making music at the age of 19 with his first release ‘Live in Detroit’ following two years later in 1994 on Utensil Records, after being discovered by Claude Young Jr. He went on to craft a second release ‘Unknown Black Shapes’ the same year under the moniker Population One on Metroplex. Terrence who describes techno as “Forward thinking ghetto electronics” is widely recognised for his incongruous, minimal sound design, authenticity and dedication.

He found his true voice with ‘Minimalism’ in 1995 on Utensil, then followed up with EP ‘Bionic Man’ in 1998, going on to co-produce ‘Skynet’ with Juan Atkins on Tresor. The full length ‘From The Far Future pt 2’ made Fact Magazine’s ‘Best 50 Albums of 2012’ reaching number 8, pt.1 of this series was also repressed by Tresor in 2016. The album contains at least four of his boldest compositions: the industrial nightmare ‘Dark City Of Hope’ the suspenseful aquatic ‘The Study’, the bubbling subliminal music concrete of ‘Vision Blurry’ and especially the frenzied neurotic cosmic array of ‘The Auto Factory’. 2013 saw release Badge of Honour described as more “reverent than nostalgic – it could be an unearthed gem from the mid 90’s”. The veteran producer announced his retirement from music in 2014 – but reemerged soon after under Population One with ‘Theater of a Confused Mind’ on Rush Hour, and on Trip where he was featured on the label’s debut release, plus a collaboration with Orlando Voorn in 2016.

Not just a music producer, Terrence is also the force behind ‘minimal detroit’ – a platform incorporating events, tours, artist agency and local community, with record and clothing labels to follow. Launched in 2014 with a secret Facebook group of Detroit fans that grew to some 20,000 – managing to enforce the one rule “Detroit related posts only”. Terrence has a clear and forward vision for minimal detroit – combining a campaign to reenergise the city of Detroit, with a worldwide export mission. minimal detroit has a local back to basics approach, cultivating and nurturing the city’s assets and community to bolster the original foundations. minimal detroit is embarking on a series of events and partnerships as part of a long-term initiative to expand the brand.

2017 has released on Out-Er and Tresor, and live shows from Population One with two new band members – Dave Peoples on keys and Doc Midi on drums… and finally he will come to UNIT TOKYO on NYE.

https://jp.residentadvisor.net/dj/terrencedixon
https://www.discogs.com/ja/artist/1171-Terrence-Dixon
https://www.facebook.com/TerrenceDixonOfficial
https://www.minimaldetroit.com/

 

<BLIND OBSERVATORY BIOGRAPHY> (ブラインド・オブザーバトリー・バイオグラフィー)

BLIND OBSERVATORYはベルリンを拠点に活動する、サイエンス・フィクションから多大な影響を受けたテクノアーティスト。

BLIND OBSERVATORYの音楽は、彼が追求してきた初期のテクノ〜エレクトロやそこから派生したサウンドの膨大なアーカイブから成り立ち、 美しくフューチャリスティックな夜の世界に聴衆を導くことを主眼としている。彼のプレイは慎重に選び抜かれたサウンドによって紡ぎだされた、催眠的でダン サーを惹きつける、ゆったりとしたウォーミーなグルーヴが持ち味だ。BLIND OBSERVATORY(と彼のファン)にとって音楽は瞑想体験そのものであり、彼の音楽プロダクションは長期間のスタジオセッションによって練り上げられ、インパクトのある要素を抽出させたものに仕上がっている。彼の作り出したトラックは悠然としていつつ、かつ濃厚な魅力を放っている。

Blind Observatory is a Berlin based artist that is influenced by science fiction with a certain nostalgia for the future.

His music aims to reflect this by offering a sonic equivalent to staring through a telescope made out of sounds related to early techno and electro, to fully immerse you into a beautiful, futuristic nocturnal scene. His output is carefully considered, hypnotic and absorbing, with warm grooves and spacious, intergalactic signifiers helping to suspend you in space. For him, and for those who get entranced by his powerful productions and dynamic DJ sets, music is meditation. Dreamt up in long studio sessions and distilled into impactful elements, Blind Observatory’s finished tracks are patient yet potent.

https://jp.residentadvisor.net/dj/blindobservatory
https://www.discogs.com/artist/3578752-blind-observatory
https://www.facebook.com/BlindObservatory
https://soundcloud.com/blind-observatory